野球:危険なスライディング禁止、規則に追加

2017/01/11 20:59 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野球のプロ・アマ合同規則委員会が11日、東京都内で開かれ、併殺を妨げるための危険なスライディングを禁止する項目が、公認野球規則に追加されることが決まった。昨年の米国での規則改正に準ずるもので、野手と走者との不要な接触を防ぎ、けがを予防するのが目的。

 新設される項目では、正しいスライディングを「滑り込んだ後もベース上に残ろうとする」「野手との接触を目的に経路を変更しない」などと定め、これに反して、併殺阻止のために手を上げたり意図的に野手に接触したりするなどした場合は、走者だけでなく打者走者もアウトが宣告される。悪質なプレーは警告の対象となる。

 映像によるリプレー検証を採用するかなどプロ野球での具体的な運用方法は23日の実行委員会で決める。アマでは、すでに2013年から内規で同様の規則を実施している。【神保忠弘】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>