選抜高校野球:勝利呼び込んだ盛岡大付の三浦奨の好走塁

2017/03/20 18:54 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ○盛岡大付(岩手)10−9高岡商(富山)●(延長十回)

 盛岡大付は代走・三浦奨の好走塁が勝利を呼び込んだ。十回、四球で出塁した松田に代わって一塁走者となると、続く植田の当たりを三塁手が後逸(記録は失策)したのを見て「(はじいた)ボールは体勢の悪い遊撃手が取る」と迷わず三塁を狙い、間一髪で陥れた。

 打撃が課題で、東北大会ではメンバー外だったが、チームトップの俊足と走塁技術を買われ、足のスペシャリストとしてベンチ入り。大仕事に三浦奨は「これが自分の生きる道」と胸を張った。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>