サッカーU20W杯:20日開幕 日本は21日南アと初戦

2017/05/19 21:20 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【華城(韓国)大谷津統一】サッカーのU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会が20日、開幕する。初日は1次リーグの韓国−ギニア、ベネズエラ−ドイツなど4試合が行われる。D組の日本は19日、南アフリカとの初戦(21日)に備え、会場の水原に近い華城(ファソン)で練習した。

 大会は24チームが6組に分かれて1次リーグを争う。各組2位までと3位チームのうち成績上位の4チームを合わせた計16チームが決勝トーナメントに進む。決勝は6月11日。日本はこの日、守備の陣形や攻撃の組み立て方の確認などに約1時間半取り組んだ。DF中山(柏)は「相手にしっかり寄せて泥臭く守りたい」と語った。

 アジア勢初優勝を狙うA組の地元・韓国はともにバルセロナ(スペイン)に所属するMFぺク・スンホ、イ・スンウが攻撃の柱。ただ、歴代最多6度の優勝を誇るアルゼンチン、FWソランケ(チェルシー)らを擁するイングランドと同居する厳しい組み合わせだ。

 2大会ぶりの優勝が懸かるE組のフランスは昨年のU19欧州選手権で6得点したFWオーギュスタン(パリ・サンジェルマン)らアタッカーが多彩。F組の米国もDFカーター・ビッカース(トットナム)を中心とした守りが堅く、優位に戦いを進めそうだ。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>