大相撲:貴ノ岩が初場所休場 診断書提出、春場所も十両

2018/01/12 10:01 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲の元横綱・日馬富士の傷害事件で、被害者の貴ノ岩(27)が初場所(14日初日、東京・両国国技館)を休場することになった。12日に開かれた初場所の取組編成会議に、頭のけがである「頭部外傷、頭皮裂創痕」や、耳の炎症である「右乳突蜂巣(にゅうとつほうそう)炎痕」との診断書を提出して休場を届け出た。

 貴ノ岩は東前頭8枚目で迎えた昨年11月の九州場所を全休。今場所は東十両3枚目に落ち、全休すれば3月の春場所は無給の幕下への陥落が確実だった。だが、日本相撲協会は昨年12月、診断書の提出を条件に初場所を全休しても春場所は十両最下位に留め置く救済措置を決定。診断書が提出されたため貴ノ岩は春場所も十両に残ることになる。

 診断書には、けがをした日は傷害事件直後の昨年10月26日で、頭部の打撲を繰り返すと慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため「受傷後約3カ月程度は頭部打撲を避ける必要があり、今月の就業は困難」と記されている。【飯山太郎】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>