駅伝:都道府県対抗女子 兵庫が14大会ぶり4回目V

2018/01/14 14:50 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市の西京極陸上競技場を発着点とする9区間42.195キロのコースであり、兵庫が2時間15分28秒で14大会ぶり4回目の優勝を果たした。前回優勝の京都は2位で、3位に長崎が入った。

 5区で2位に上がった兵庫は6区の後藤夢(西脇工高)でトップの長崎と2秒差に詰めると、7区の樽本知夏(須磨学園高)で逆転し、その後も後続を引き離した。京都は2区で15位に落ちたのが響き、9区で2位に浮上するにとどまった。長崎は4区・広中璃梨佳(長崎商高)の区間新の快走などで3位に食い込み、前回2位の岡山が4位だった。(スタート時の気象=曇り、気温5度、南西の風0.1メートル、湿度50%)

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>