大相撲:豊響は約2カ月の安静加療必要 診断書公表

2018/01/14 17:46 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本相撲協会は14日、休場した十両・豊響(33)=境川部屋=の診断書を公表した。「心室頻拍、心房細動で約2カ月の安静加療が必要」で、豊響は4〜11日、入院した。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>