大相撲初場所:3場所ぶり出場の鶴竜、納得の白星

2018/01/14 20:02 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲初場所初日の14日、昨年7月の名古屋場所以来、3場所ぶりに出場した鶴竜が新鋭を退けた。頭で当たってから、のど輪で北勝富士をのけ反らせると、最後は開いて引き落とした。

 「自分の立ち合いができた。最後は引いちゃったけれど、流れだったので」と納得の表情を浮かべた。師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)は「進退がかかる」場所と明言している。白星発進にも鶴竜は「まだ初日ですから」と自らに言い聞かせるように話した。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>