東京五輪:祝日を開閉会式前後に移動の大会特措法が成立

2018/06/13 20:25 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◇7月24日開会式前後は4連休、8月9日閉会式前後は3連休

 東京五輪が開催される2020年に限り、「体育の日」「海の日」「山の日」を開閉会式前後に移動する改正大会特別措置法が13日、参院本会議で、賛成多数で可決、成立した。要人が来日する式典は厳重な警備が必要なため、祝日にして交通混雑を緩和させるのが目的。土曜、日曜日を含めると7月24日の開会式前後は4連休、8月9日の閉会式前後は3連休となる。

 大会組織委員会の森喜朗会長は「大会にまつわる輸送は心配なこともあるが、これで準備はできた」とコメントした。

 ドーピングを違法行為と位置付け、検査体制を充実させることなどを盛り込んだ「ドーピング防止活動推進法」、20年から「体育の日」の名称を「スポーツの日」に改める改正祝日法も可決・成立した。【松本晃】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>