大相撲名古屋場所:白鵬が休場「2週間の安静」

2018/07/11 14:49 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲の西横綱・白鵬(33)=宮城野部屋=が名古屋場所4日目の11日、日本相撲協会に「右膝蓋腱(しつがいけん)損傷などで2週間の安静を要する」との診断書を提出し、休場した。白鵬の休場は3月の春場所以来で9回目。今年はここまで4場所で3回目の休場になった。

 宮城野親方(元前頭・竹葉山)によると9日の取組前に、支度部屋の床に張られたビニールテープで足を滑らせた際に痛めた。初日からの3連勝を決めた10日の取組後に痛みを訴え、11日朝は注射を打ったが痛みが引かず、同日午後に休場を届け出た。

 通常、翌日の取組は午前中に決まるため、異例の遅い届け出で12日の幕内の取組のほとんどが急きょ変更された。宮城野親方は「痛みが止まれば出ようと本人とも話していたが駄目だった。いい相撲を取っていたので残念」と話した。【吉見裕都】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>