聖火リレー:福島出発に森喜朗氏「みんな楽しく感動を」

2018/07/12 11:10 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大会組織委員会の森喜朗会長は「東京五輪の開催は東日本大震災復興からスタートし、常に皆さんにどう希望を持ってもらえるか考えてきた。やっと具体的に取り組める」と説明した。47都道府県を駆け巡る聖火リレーのスタート地点や日程は「絶対これが最高という結論はない」と悩んだ末の結論であったことを明かし、「みんなが楽しく感動するリレーをしていただけたら」と笑顔を見せた。

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は「最も注目されるスタートが福島からで、復興の現状を伝えられるのはうれしい」と述べた。全国知事会会長の上田清司・埼玉県知事も「震災の象徴が福島。日本中が喜んでもらえると思う」と歓迎した。

【松本晃、小林悠太】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>