大相撲名古屋場所:鶴竜も休場 19年ぶり3横綱全員不在

2018/07/13 09:47 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲の東横綱・鶴竜(32)=井筒部屋=が名古屋場所6日目の13日から休場することが決まった。鶴竜は自身初の3連覇を目指していたが、5日目を終えて3勝2敗と精彩を欠いていた。鶴竜の休場は昨年11月の九州場所以来、10回目。6日目の対戦相手の千代の国は不戦勝となる。

 今場所は初日から稀勢の里、4日目から白鵬が休場した。3横綱全員不在は若乃花、貴乃花、曙が休場した1999年春場所以来、19年ぶり。横綱不在の場所は、当時、ただ一人の横綱だった朝青龍が途中休場した2006年夏場所以来、12年ぶりの事態となった。【飯山太郎】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>