好きな食べ物を13時間食べ続けるマシン

2018/05/11 16:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちしきの金曜日
 

好きな食べ物を13時間食べ続けるマシン

13時間チキンラーメンを食べ続けてみた
13時間チキンラーメンを食べ続けてみた
好きな食べ物が絶え間なく口の中にあったら、幸せに違いない。ずーっと美味しいなんて最高すぎる。

その上、もし自動的に口の中に食べ物が運ばれるようになったら、「食べる」以外の別のことをしてるときも、ずっと美味しい状態が続く。

読書しててもインターネットしてても、仕事しててもずっとだ。考えてみたら今までの人生で、そんな美味しい状態を長時間ずっと保てたことなんてない。

なんとこのたび、そんな体験できるマシンを作った。使ってみたら13時間も食べ続けることになったので、その様子もレポートしよう。
(さくらいみか)

絶え間なく美味しくなれるマシン

このマシンのお陰でいま、パソコンで文字を打ちつつ食べ物が延々と何時間も絶え間なく口に運ばれ続けてる。
それがこのマシン(口から繋がってるやつ)
それがこのマシン(口から繋がってるやつ)
中に入ってるのは好物のチキンラーメンだ。(好きなあまり7年前に書いた記事がこちら。)

チキンラーメンはほかの多くのインスタントラーメンと違い、麺に味が染みこんでる。そのまま食べると味が濃いベビースターラーメンのような感じだ。

なんなら、そのまま口の中に入れてしばらく置いとけばそこそこラーメンに戻る。(というのは私が勝手に言ってるだけだが)
実際は「お湯をかけて3分待つ」のが正しい食べ方
実際は「お湯をかけて3分待つ」のが正しい食べ方
普通に食べると、お湯をかけて3分待って、数分後には食べ終わってしまう。もっと長時間味わいたい……!! そんな思いが製作のきっかけでもある。

動いてる様子も見てもらおう。1分おきに通知音(ICQの音)が鳴ると、中に入れた麺が出てくる。
お湯をかける前の麺は結構しょっぱい。

けど、ほんのちょっとずつ口に含めば、チキンラーメンの味だけでもずっと味わっていられるはず……!

(この動画を撮ったときには麺が多めに出てきたが、通常はもうちょっと少ない量が出てくる。)

魚用の給餌機を使う

一定の時間ごとに、一定量……しかも少しずつの食べものを出してくれる機械というと、ペット用の「給餌機」がある。

これを改造して、うまい具合に口元まで運んでくれるようにならないだろうか。

食べたい量はほんのちょっとな魚用を選んだ。犬や猫、その他ペット用よりも、こっちがいいだろう。
魚用の給餌機
魚用の給餌機
今すぐ給餌がスタートするボタンと、12時間おき・24時間おきのタイマーをセットできるボタンがある。
「Manual」が今すぐON、「Auto」がタイマー。12時間以下はないのか、そりゃそうか。魚だし……
「Manual」が今すぐON、「Auto」がタイマー。12時間以下はないのか、そりゃそうか。魚だし……
魚の給餌を数分おきに……だなんて魚の生命に関わるどころか完全にアウトだが、そこをなんとか改造できないだろうか。

自力では難しそうなので、有識者の協力を得ることにした。
電子工作の駆け込み寺・テクノ手芸部のよしださん
電子工作の駆け込み寺・テクノ手芸部のよしださん
相談したところ、どうやら「12時間のタイマーを短くしてもらう」というより、ほかにいい方法があるようだ。

「パソコンから低周波音を出力すると、アンプを介してリレーという部品が作動し、給餌スタートのボタンを押したのと同じ動作が出来るようにする」らしい。

つまりは、「パソコンから1分おきに音を出せば、1分おきに給餌機が動く」のだ!
!
よしださんには「低周波音が鳴ると作動する」という仕組みの部分のカスタマイズをしてもらった。(上の図の水色部分)

「1分おきにパソコンから低周波音を出力する」部分のプログラムは私のほうできそうなので、ここは自力で用意しよう。(上の図のうす黄色部分)
なんとなくチキンラーメンっぽい装いのFlashを作った (なぜ今Flash……とか思われるかもしれないが、個人的に作りやすかったから)
なんとなくチキンラーメンっぽい装いのFlashを作った (なぜ今Flash……とか思われるかもしれないが、個人的に作りやすかったから)
時間経過が表示され、毎分0秒のときに作動し、麺が落ちるようになる。

ちなみに「トイレ」は一時停止ボタン。「食べる」は今すぐ食べたいときのボタンだ。

ついに口元までラーメンくるか!?

さて、これにいよいよチキンラーメンを入れる。よく砕かないと引っ掛かりそうなので、ザクザク砕こう。
躊躇なくザクザク砕いたチキンラーメンを入れる
躊躇なくザクザク砕いたチキンラーメンを入れる
つぎは、麺が落ちたときの受け皿と口まで誘導する管。じょうごに透明のチューブを取り付ける。
じょうご+透明チューブ。最初からこんな姿だったかのように一体感ある
じょうご+透明チューブ。最初からこんな姿だったかのように一体感ある
麺と受け口を給餌機に取り付ける。これでもう麺がどれだけ落ちても大丈夫だ。
受け口完成!
受け口完成!
つぎに使う場所だが、パソコンと接続できればどこでも良い。今回は、作業やインターネットをしつつ食べたいのでパソコンの前に設置。
楽な姿勢でいい感じに口に入ってくるよう、細かく位置調整を重ねる
楽な姿勢でいい感じに口に入ってくるよう、細かく位置調整を重ねる
パソコンと繋ぎ、音が再生されるようセット。すると、1分おきに給餌機が動き、チューブの中を通過し、ちょっと息を吸いあげればチキンラーメンが口に入ってきてくれるようになった!
革命だ……
革命だ……
ところでこれ、ちゃんと動き続けてくれるんだろうか。

どうせならチキンラーメンが一袋なくなるまで動かし続けてみたい。

延々と食べ続ける13時間がスタート

先に言ってしまうと、一袋なくなるのに13時間以上かかった。長くてグッタリ……どころか、いっそ一日中味わいたいと思ってたぐらいだ!

……とか言いつつ、実際どうだったか、半日間を振り返ってみる。

そして「ずっと美味しい状態だとどうなるか」についてレポートしよう。
ずっと同じ味だった半日間を振り返る
ずっと同じ味だった半日間を振り返る
序盤、徐々に給餌を待ってるハムスターのような気分になってきた。砕いたラーメンの大きさにムラがあるからか、出てくる量もムラがある。
次どのぐらいの量出てくるんだろう……と気になり、いっぱい出てくると嬉しくなるというこの一連の流れに、動物っぽさを感じる
次どのぐらいの量出てくるんだろう……と気になり、いっぱい出てくると嬉しくなるというこの一連の流れに、動物っぽさを感じる
最初のうちは、給餌されるのにばかり気を取られてたが、いざほかのことをしつつだと意外と1分経つのは早い。

なんとなく「このマシン、普段からあればいいのに」というような気分になってきた。
喉の渇きにもすぐ対応できるよう、水は横にスタンバイ
喉の渇きにもすぐ対応できるよう、水は横にスタンバイ
なんだかすごく満足してるが、まだ序盤だからもしれない。

そのうち飽きたり懲りたりするかもしれない。そもそも味覚って同じ状態がずっと長時間続くとどういう感覚になるんだろう。
味覚への挑戦……!!
味覚への挑戦……!!
2時間が経過したころから、水を飲むペースが上がる。

3時間15分、アイスクリームを食べたくなる。その後も部屋にある飴をやたら気にし出したり、この頃からほかの味への興味が強まる。
主に甘味への欲が沸いてきた……
主に甘味への欲が沸いてきた……
3時間25分ごろ、マスクでチューブを支えた方が楽だと気づき、採用。
おっ、これは良い
おっ、これは良い

マスクによりなかなか水が飲めなくなるが、チューブを気にする必要もないので、慣れればこの方が楽だ。

4時間経過したころ、口元の筋肉をいつもより使うので、ほうれい線予防にも良いんではないかという気もしてくる。

美味しい上に美容効果も……いいじゃないか、とか思ってたところで吸い方を誤り、派手にむせる。普段禁物だ……!
固定したくなったため、マスクにもガムテープを採用
固定したくなったため、マスクにもガムテープを採用
5時間50分、トイレに行くため離席。そのついでにタイガーバームの匂いをかいだところ、「こんなにいい匂いだったっけ!? 匂っただけなのに美味しい気がする!」となる。

味がずっと同じすぎて匂いから得る情報がいつもと違ってきてるのか。
まさか美味しく感じる日がくるなんて。食べてはないが。
まさか美味しく感じる日がくるなんて。食べてはないが。
6時間半経過、この一連の食に慣れ過ぎたのか、ついに食べてるという意識がなくなる。たまに我に返り、「あ、食べてたんだっけ。美味しい。」となる。

なんと7時間すぎてもまだ美味しい。なんだかよく分からないが、すごく美味しい。

そういやお腹も減らない。え、なんで減らないんだろう。

7時間40分過ぎ、麺が全然出てこない(詰まってた)のに対し、ガッカリしてる自分にびびる。ここまできてまだ麺を欲してるのか!
じょうごにかなり油が付いてきたからか、滑りが悪く、麺がよく引っ掛かるようになる
じょうごにかなり油が付いてきたからか、滑りが悪く、麺がよく引っ掛かるようになる
8時間40分経過、かなり美味しく感じ始める。もしかしてこれ、お腹が空いてるからでは。

8時間50分経過したころ、はじめての電池交換。もっと頻繁に交換する必要があるかと思ってたら、意外と長持ち!
11時間経過、顔も体も随分ねっとりしてきたのはたぶん麺関係ない
11時間経過、顔も体も随分ねっとりしてきたのはたぶん麺関係ない
作業がかなり立て込んできたせいか、勝手に麺が口に流れ込んでくるのがありがたく感じるようになる。

11時間半経過、通知音が昔使ってたメッセンジャーアプリの通知音なので、なにかメッセージが届いたという錯覚を覚えるようになる。

12時間経過、思考力が若干低下してきたかもしれない。空腹感もそんなに感じない。けど麺は美味しい。

そして13時間が経過……ついに!!

なくなった~~~~!!!!
だからなんだ、としか言えない画像
だからなんだ、としか言えない画像
13時間通しての、気分の波をバロメーターにしてみると、こんな感じだ。終盤数時間はかなり受け入れ切ってたのか、起伏がそんなにない。
!
「ずっと美味しいとどうなるか」については、

・途中でやたら別の味覚を欲するが、どうでもよくなる

・終ったあと、ほかの食事をする気にはならない

ということが分かった。あとはとにかく眠りたいだけだ。「しばらく食べたくない」とかは特に思わないが、今もし差し出されたら絶対いらない。

このことがきっかけで、今後拒否反応とか起こさなければいいなと思う。
残骸。水も飲み干した。
残骸。水も飲み干した。

思ってたより何事もなく、ただ食べてただけだったなーとその日は何も食べず寝て、翌日焼きそばを食べたら……なんだこれ!?!?! めちゃめちゃ美味い!!! え、焼きそばってこんなに美味しかったっけ!?

……となった。まさかの後遺症だ。

その後の食事でよっぽど感動したい方は、この方法を参考にしてみても、しなくてもいいと思う。
食べた瞬間、脳内のどっかがパーーン! となった
食べた瞬間、脳内のどっかがパーーン! となった
  

 
@nifty

写真ニュース