ゆるキャラにはメカ版が必要だ

2018/05/15 11:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告企画♪
 

ゆるキャラにはメカ版が必要だ

!
会社のイメージキャラクターをデザインして着ぐるみも作った。街にでれば大人気、イベントにもひっぱりだこだ。会社の好感度はぐいぐい向上し良いことずくめである。

……それで……それで満足していいのだろうか。

答えは、否だ。

メカ版を作らねばならぬ。

せっかくのキャラクターだ、そのメカ版を作って対決させる夢をかなえたい。
(古賀及子)

ゴジラがいたらメカゴジラがいるように

あるキャラクターのメカ版を作る。発想はもちろん「ゴジラ対メカゴジラ」だ。

特撮については完全な門外漢だがそれでも知っているのがやっぱりゴジラシリーズである。

ゴジラとメカゴジラが相対する作品は昭和ゴジラ版(「ゴジラ対メカゴジラ」)、平成ゴジラ版(「ゴジラvsメカゴジラ」))、ミレニアム版(「ゴジラ×メカゴジラ」)と3作あるが、昭和ゴジラ版の公開時コピーは「宇宙をとびミサイルを撃ち込む! 全身が武器の凄いゴジラが現れた!」だったそうだ。

元来の存在よりも圧倒的に刷新的であり強いというのがそのアイデンティティなのだろう。純度の高い「かっこいい」の塊だ。良い、良すぎる。
というわけで、作りました。「メカシナガワン」ですよろしくお願いします
というわけで、作りました。「メカシナガワン」ですよろしくお願いします

「シナガワン」というキャラクターがおりまして

唐突によろしくお願いされても、という登場になってしまった。私はせっかちでいつも説明が足りない。

さきほどメカゴジラについて「元来の存在よりも圧倒的に刷新的であり強い」と書いた。

同じように、このメカシナガワンにも「元来の存在」がいる。
メカシナガワンでいうところのゴジラがこちら、シナガワンです
メカシナガワンでいうところのゴジラがこちら、シナガワンです
ケーブルテレビ品川という放送局のキャラクターだ。どローカルなキャラクターなだけに知名度は低いが東京の品川じゃ大人気のゆるキャラである。
で、こいつがまたかわいいんですよ……
で、こいつがまたかわいいんですよ……
つい愛があふれてしまったがこの人(イヌです)、キャラクターらしさをまっとうしてきっちりかわいいのだ。

2Dもいいが3Dがまた格別にいい。

2Dで想像した1.5倍はでかく圧迫感がたまらない。「圧迫感」という言葉がほめ言葉になるということを私はこの着ぐるみで知った。
2Dからの
2Dからの
3D、この良い圧迫感
3D、この良い圧迫感

サイボーグ化するかメカ版を新たにつくるか

このシナガワン、飼い主であるケーブルテレビ品川という会社は我々デイリーポータルZの運営会社であるイッツコムとグループ関係にある。

その縁あってシナガワンを自由に記事に登場させていいという声がけをもらったのだった。

なんと、どうしてくれてもかまわないしなんでもやるという。ゆるキャラが飽和状態の戦国時代だというのは聞いていたが、NGなしでなんでもやりますというのにその厳しさの核心にふれる思いだ。
いいのか
いいのか
そこまで言うならと一時はシナガワンそのものを改造するマッドサイエンティスト案もあった。サイボーグ・シナガワンである。

しかし、シナガワンに対する存在としてもう一つメカ版のメカシナガワン作るのはどうだろうという案が急浮上したのだった。

正直、サイボーグ化については、何をどうやったらそういう状態になるのかが想像つかなかったのだ。新しく一から作るならダンボールとかガムテープとかでなんとかなんじゃないか。

ごらんのとおり、なんとかなったことはなんとかなったのでその知見を次ページからお伝えしたい。

PR♪ シナガワンVSメカシナガワン エピソード1 ~どうするシナガワン!!?

 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース