なんでもない景色を語る会

2018/06/14 16:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロマンの木曜日
 

なんでもない景色を語る会

急に与えられた「なんでもない景色」について語る人々
急に与えられた「なんでもない景色」について語る人々
なんでもない景色が写った写真でも、大勢で見ればなにか発見があるんじゃないか。そんな考えから、「なんでもない景色を語る会」というものを発足した。

都市や郊外などの、とりたてて特徴の見当たらない景色が映った写真を見て、めいめい自分が気になった点を語る、というものだ。

実際にやってみたところ、これがおおいに盛り上がった。顛末をお伝えしたい。
(三土たつお)

なんでもない景色ってたとえばこういうの

なんでもない景色とは、たとえばこういうのだ。
ザ・なんでもない景色
あー、なんでもないねー、と思ってもらえるんじゃないだろうか。もしここが自分の実家だったら、「うちのまわりなんにもないよ」というと思う。

でも、本当になんでもない景色なんていうものはあるんだろうか。見る人が見れば、きっとどこかに面白い部分があるんじゃないだろうか。

各方面の識者に集まってもらう

今回の試みのために、いろんな分野の詳しい人に集まってもらった。以下に紹介したい(敬称略)。
今和泉隆行。空想地図を描く「地理人」として知られる。都市の観察に長ける。
今和泉隆行。空想地図を描く「地理人」として知られる。都市の観察に長ける。
上野タケシ。建築家。「いいビルの世界 東京ハンサムイースト」共著者。
上野タケシ。建築家。「いいビルの世界 東京ハンサムイースト」共著者。
内海慶一。文筆家。都市鑑賞者。「ピクトさんの本」著者。リモート参加。
内海慶一。文筆家。都市鑑賞者。「ピクトさんの本」著者。リモート参加。
大貫剛。元東京都職員。土木、行政、交通等に詳しい。
大貫剛。元東京都職員。土木、行政、交通等に詳しい。
加藤まさゆき。デイリーポータルZライター。中学理科教員。リモート参加。
加藤まさゆき。デイリーポータルZライター。中学理科教員。リモート参加。
小金井美和子。マンホール蓋、境界標などに詳しい。
小金井美和子。マンホール蓋、境界標などに詳しい。
重永瞬。参道研究会会長。京都大学地理学研究会の第8代会長。リモート参加。
重永瞬。参道研究会会長。京都大学地理学研究会の第8代会長。リモート参加。
西村まさゆき。デイリーポータルZライター。「ふしぎな県境」著者。
西村まさゆき。デイリーポータルZライター。「ふしぎな県境」著者。
村田あやこ。路上園芸学会を名乗り、路上園芸を鑑賞している。
村田あやこ。路上園芸学会を名乗り、路上園芸を鑑賞している。
吉村生。「暗渠マニアック!」著者。
吉村生。「暗渠マニアック!」著者。
すごいメンバーでしょう。それぞれが単独でイベントを開いたりする人たちだ。よくぞ集まってもらうことができたと思う。

さっそく景色を見てみよう

なんでもない景色は、グーグルのストリートビューを使って引っ張ってくることにした。ランダムに緯度、経度を決めて、その付近のストリートビューを得るしくみを作ったのだ。

最初に選ばれたのはこの景色だ。
グーグルストリートビューによる、なんでもない景色
ここがランダムに選ばれた場所だ。上のストリートビューには「埼玉県」と出ているが、メンバーには住所が分からないような仕組みをつくった。赤い鳥居と、民家が見えている。ぐりぐりと動かして周りを見てみてほしい。

社(やしろ)が気になる

まずみんなが気になったのは、赤い鳥居と、そのむこうの社(やしろ)だ。
鳥居と、社がならんでいる(後日訪れて撮影しました。以下同様)。
鳥居と、社がならんでいる(後日訪れて撮影しました。以下同様)。
これどうしてちっちゃい社が三つあるんだろ。
なんでしょうね。鳥居の向こうの社でしょ。
空き地に鳥居と杜が寄せ集められた感じが不思議です。どこかから持ってきたんでしょうか。
でも作りがいっしょですね、三つとも。
手水鉢が2つあるのも気になります。どこかから持ってきたんでしょうか。二度洗い?
手水鉢(ちょうずばち)がなぜか2つ
手水鉢(ちょうずばち)がなぜか2つ
なぜこの場所に、社と手水鉢が集まっているのか。それがみんな不思議でしょうがない。ばらばらだったものを、誰かがここに集めたのか? なんの目的で?
狛犬もちっちゃくてかわいいね。
狛犬を拡大
狛犬を拡大
狐だ。お稲荷さんですね。
いっぽう加藤さんは生け垣に注目していた。
稲荷なのに生垣がレッドロビン(ベニカナメモチ)なのはつり合いが悪いですね。新興住宅地の洋風建築に合わせる植栽です。
左の生け垣がレッドロビン
左の生け垣がレッドロビン
この稲荷はけっこう最近に移設されたものではないのかな。
稲荷は最近移設された説がでてきた。
基本的に稲荷神社って儲けるためにお祈りしている人たちの方が多いんですよね。おそらくね。
商売の神様ですよね
なので三つ並べるとそれだけ業が深いってことかな。
ここまでをまとめると、こうなるだろうか。
鳥居と社のまとめ
鳥居と社のまとめ

道の両側のようすが違う

社の周囲を見ていた大貫さんが、なにかに気づいた。
これ、道挟んで鳥居の側が開発されてなくて自然に家がたった街で、反対側はたぶん宅地分譲した街ですね。
そう、そんな感じ!
大貫さんが何かに気づいて、今和泉さんが激しく同意している。二人が見ているのは鳥居の左側の光景だ。
社の左側の景色
社の左側の景色
このなんでもない景色を見て、あなたなら何を思うだろうか。

「道の右側は自然に家が立った土地で、道の左側は宅地分譲したのでは?」というのが大貫さんの意見だ。
街並みもそうなんだけど、道挟んで片側にだけコンクリートのブロックがあるんです。
コンクリートのブロックは道路整備したとききっちり雨水を流すためにつくってるんだけど、反対側が昔のまんまなんです。
左はブロックできっちり境界を画定、右は境界が曖昧
左はブロックできっちり境界を画定、右は境界が曖昧
道の左側だけ排水がきっちりしている。だからそっちだけ開発されたのではないかということだ。なんかすごい。

すると、開発されたのはどういう土地だったのか?ということが気になってくる。
お社の左手にある駐車場の道端の余分なスペースが気になります。ここ水路跡だったらいいなあと思いました。
水路跡?
水路跡?

小物に注目する

いっぽう、そういった議論とは無関係に小物が気になる人々もいた。主にぼくのことだ。
よく見ると高岳製作所のマーク
よく見ると高岳製作所のマーク
電柱の上の変圧器は高岳製作所製っぽいですね
なにか穴がある
なにか穴がある
この穴、境界標が入ってるのかな? バリカー(車止め)の穴かも。気になります
ぼくは小物ばかり気になるたちなので、みながひたすら物の名前やメーカー名を指摘する会になったらどうしようと思っていたが、ぜんぜんそんなふうにはならなかった。ちなみに奥の車止めはサンバリカー(商品名)です。

奥の森はなんだ

やがてみんな、奥に見える森が気になりだした。
奥の森が気になる
奥の森が気になる
この森なんでしょうね?
緑が残っているのは神社の率が高いと思うんですよね、あとは斜面。
なんの森か・・。ちょっと見に行って来ますね。
少しならストリートビューの中を移動してもいいというルールにしたのだ。
屋敷森ですよこれ! この家でかい!
大きな家
大きな家
地元の豪農とかですかね。
塀がお金持ちですね。大谷石ですよ。
すると、分譲された土地はもともとこの大きなお家の方の土地だったのでは?ということが推測される。
高度成長前後の都市圏の拡大で、都市部へ向かうサラリーマンの宅地需要が増え、この豪農は宅地分譲を経て富を得て、より豪農になった・・・的な?
それ以前から農業はうまくいっていたのかもしれませんが、自治会の看板には新座市とあったので、新田開発の頃からいらっしゃったのではないかと勝手に思っております。
さっきの社についても、この大きなお家の農家さんが五穀豊穣もしくは商売繁盛の意味で3つも置いたんじゃないだろうか?

といったあたりでこの場所についてはいったんおしまい。

じつをいうと、ランダムに選んだ景色で語るのはさすがに難しいのかもと思っていた。ところが蓋をあけてみると、目に見えるものからたくみに推理し、その土地の来歴までをもなんとなく明らかにしてしまう、そんな会になった。
これ、 みんなで散歩しているようなもんですよね
バーチャルブラタモリだ。
面白いですよこれ。
 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース