プロの歌人と短歌を作るin上野

2018/08/18 11:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土曜ワイド工場
 

プロの歌人と短歌を作るin上野

!
短歌がちょっと好きだ。ときどき気に入った歌人の歌集を買って読むことがある。

ただ、むずかしいことはわからなくて、本当に「これいいな~」と言っているだけ。高校生がJ-POPを聴くのと同じような感覚で鑑賞しているのだ。

そんな日々を送っていたら、たまたまプロの歌人(すごい存在)と知り合いになった。さらにその歌人が「斎藤さん、吟行(ぎんこう)やってみましょうよ」などという。吟行とは「散歩や旅行をしながら短歌を作ること」である。

つまり、プロと一緒に短歌を作り、見せ合うのだ。そんなのアリか。
(斎藤充博)

吟行のメンバー

左:伊波さん 右:僕
左:伊波さん 右:僕
吟行を提案してくれたのは歌人の伊波真人さんだ。「角川短歌賞」という短歌の新人賞を受賞しており、歌集「ナイトフライト」を出版している。

「プロの歌人」の条件として
・短歌の賞をとっている
もしくは
・歌集を出版している
というのがあるそうだ。伊波さんは両方成し遂げているので、まぎれもないプロ。ただし、この条件は伊波さんが教えてくれたものである。
左:編集部の古賀さん
左:編集部の古賀さん
デイリーポータルZ編集部からは古賀さんが参加。短歌はほとんど作ったことがないらしいが、ポテンシャルは高い気がする。
上野駅から上野公園に向かう
上野駅から上野公園に向かう
場所は上野。それでは吟行スタートだ。

何を詠むべきか

斎藤:吟行って、普通に散歩しちゃっていいものなんでしょうか? 伊波さんは何を考えながら歩いてます?

伊波:ヘンな物ないかなって考えています。吟行だと名所旧跡を詠みがちなんですが、それだと人と一緒になっちゃうんですよね。むしろおもしろ看板とか探した方が良いかも。

古賀:おもしろ看板ですか!

おもしろ看板。意外なことに、わりと当サイトのテーマに近い。これなら短歌も意外と作れるのかもしれないな……。
公園の向こうにアパホテルがあった
公園の向こうにアパホテルがあった
斎藤:アパホテルだ。短歌でアパホテルはありでしょうか? ……か・い・だ・ん・の・う・え・ア・パ・ホ・テ・ル(音数を数える)

古賀:いきなり詠み始めてますね、でも後でまとめてにしましょう。

伊波:アパホテルいいですね。5音なので詠みやすいです。

アパホテルがいいのか。アパホテル……アパホテル……。こんなに脳内でアパホテルがリフレインしたことないぞ。
なんてことのない催し物の案内
なんてことのない催し物の案内
伊波:(掲示板を見て)こういうのもいいですね!

古賀:何がいいんですか? さっぱりわからん。

伊波:催し物の中に「縄文展」があるじゃないですか。それを現代の上野と対比させることができる。昔は縄文の土器がとれたのかもしれない、今はそこで展示をしている、みたいな。

斎藤:なるほど……。飛躍ですね。

伊波:短歌に飛躍は大事です。詩だから。

センス勝負ってこわい

!
古賀:短歌って、完全にセンス勝負じゃないですか。みんなで作りあうとピリピリししませんか?

伊波:吟行はレジャー要素が強いんで、普通の歌会よりはピリピリしませんね。

斎藤:じゃあ普通の歌会はピリピリするんですね。?

伊波:「題材が凡庸だね」って批評されたりはありますね。

古賀:センス否定されると、人格の全否定みたいに思えて、なんかこわいんですよね……

古賀さんの発言にハッとした。これはセンス勝負だったのか。苦手な分野である。一気に緊張が高まってきた。
すごく遠くにスカイツリーが見える
すごく遠くにスカイツリーが見える
古賀:あっ。スカイツリー見えますね……。でもこれは凡庸?

伊波:スカイツリーは凡庸です。詠み尽くされています。

古賀:もうか! 早いな~。

伊波:でも上野公園との取り合わせで新鮮になるかもしれませんよ。

巨大なスカイツリー。施設としてはすごく楽しいのに「題材としては凡庸」ってバッサリ切り捨てられるの、おもしろい。短歌ならではの価値観って感じがする。
公園の売店にある缶バッチガチャポン
公園の売店にある缶バッチガチャポン
伊波:ご当地缶バッチありますね。こういうのは題材にいいですね。

斎藤:これが? なぜ?

伊波:上野ならではじゃないですか。

斎藤:おもしろガチャポン詠むのヤだな~~~。全然心が入らないです。

とはいっても、さっき僕はアパホテルで詠もうとしていたのだ。アパホテルに泊まったことはないし、特に思い入れもない。アパホテルとおもしろガチャポンの差っていったいなんだろう……。
上野公園のカフェで「パンダフェア」が開催されていた
上野公園のカフェで「パンダフェア」が開催されていた
古賀:パンダフェアかー。

伊波:パンダフェアもいいと思います。

斎藤:ここらへんで一回作ってみましょうか。カフェもあるし。

伊波:普通の吟行は、散歩が全部終わった後に作るんですが、やります?

斎藤:一回やってみて、アリかナシかを伊波さんに言われないと不安です。

古賀:やってみますか。でも全然思いついてないんだよな~。

というわけで、上野公園を散策して20分。まず僕と古賀さんで試しに作ってみることにした。
 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース