松井証券 和里田専務が社長に昇格へ 創業家以外の就任は初 松井氏は顧問に

2020/03/25 20:32 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット証券大手の松井証券は25日、松井道夫社長(67)が退任し、和里田聡(あきら)専務(48)が後任に昇格する6月28日付の人事を発表した。トップ交代は25年ぶりで、創業家以外の就任は初めて。松井氏は顧問となり経営から退く。証券業界はIT企業など異業種の参入や手数料無料化の動きが加速しており、若返りで新たな成長モデルへの転換を目指す。

 1995年に4代目社長に就任した松井氏は、インターネット時代を見据え、他社に先駆けて対面型から営業スタイルを変えた。99年に手数料が完全自由化された後は、安い手数料を武器にネット証券のパイオニアとして業界をけん引した。松井氏は25日の記者会見で「世の中は急速な変化のまっただ中で、自分の価値観が時代にそぐわなくなる危惧があった」と述べた。

 和里田氏は2006年に入社し、経営陣として松井氏を支えてきた。会見で「業界の垣根を越え、プラットフォーマーが参入してきている。ネット証券ならではの豊富な情報を顧客に提供したい」と抱負を語った。【松岡大地】

毎日新聞

経済

経済一覧>

写真ニュース