「京都ブラックサンダー」一時販売中止 安定供給確保のため

2019/01/12 10:55 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好評につき一時販売中止となる「京都ブラックサンダー」

 「ブラックサンダー」で知られる菓子メーカー・有楽製菓が12日、昨年11月から京都エリアの土産商品として販売を開始していた「京都ブラックサンダー」を安定供給の確保のため、11日出荷分をもって一時販売を休止することを発表した。

 同社は昨年11月1日から販売開始した「京都ブラックサンダー」について「当初の予想を大きく上回る反響をいただいており、製品の生産が追いつかない」と説明。「販売開始数日で<販売エリアの縮小>、また<当初予定していた大阪エリアでの販売を延期>するなど、エリアを限定しながらも販売を続けられるよう努めてまいりましたが、この度、安定供給の確保のため、京都エリアでの販売も一時販売を休止の判断をさせていただきました」と発表した。

 今後は2月をめどに再度エリア限定での販売ができるように調整を行うとし、「お客様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解いただけますと幸いです」と理解を求めている。

 「京都ブラックサンダー」は有楽製菓初の京都土産。「京都銘菓おたべ」を50年以上製造・販売している美十が監修し、抹茶香料を用いずに2種類の宇治抹茶粉末と煎茶粉末を配合した、本格的な抹茶の味にこだわった商品となっている。キャッチコピーは「応仁の乱以来の衝撃!!」「雷神どすぅ」。
ORICON NEWS

エンタメ