カズレーザー“令和特需”は期待はずれ「さほど仕事は増えてない」

2019/06/13 12:33 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(左から)安藤なつ、藤光謙司、カズレーザー (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・メイプル超合金が13日、東京ビッグサイトで行われたアクロバットRC『ギガストリーム』(タカラトミー)のお披露目イベントに出席。新商品は“令和のラジコンカー”がテーマ。ゆかりのゲストとしてオファーを受けたカズレーザーは、新元号決定時に本名・金子和令(かねこ・かずのり)が話題となったが「それからは、さほど仕事は増えてない」と嘆き節だった。

【写真】飛ぶ瞬間のショット!ギガストリームとジャンプ対決した安藤なつ

 それでも「“令和初”という仕事には一枚噛んでいきたい」と意欲的に語ると、「闇(営業)でももらえるなら行っちゃうかな。悪い奴からの闇はダメだけど、タカラトミーさんからの闇ならいいでしょ」と毒舌ジョークも。すかさず相方・安藤なつが「ちゃんとした大きい会社なんだから、ちゃんと事務所を通してるよ」とツッコんでいた。

 また、新商品になぞらえた「ギガびっくり」な出来事として、ビートたけしの離婚が話題に。一部では「200億円以上の財産を夫人に渡した」と報じられており、カズレーザーが「離婚うんぬんよりも額にビックリ。それを余裕で払えるんかい!」と笑うと、安藤も「ハリウッドの人みたい。見たことないからどれくらいなんだろう」と目を丸くしていた。

 新商品は、超小型・軽量ボディにより、時速25キロの高速走行や、高さ1メートル・幅3メートル以上のジャンプ、アクロバティックなトリックなどが楽しめる。今秋より発売され、全3色、予価:各3980円(税抜)。

 イベントには、陸上の藤光謙司選手も駆けつけ、走行対決(ギガストリームvs藤光)、ジャンプ対決(ギガストリームvs安藤)の企画で会場を沸かせた。ジャンプ対決で惨敗した安藤は「このサイズであれだけ飛ぶなんて…。勝てるわけがない」。カズレーザーも「あんなに速度が出るなんて。令和のマシーンに相応しい」と舌を巻いていた。
ORICON NEWS

エンタメ