HEY-SMITHボーカル・猪狩秀平、肺気胸で入院中に膿胸も判明 手術へ

2019/07/11 17:18 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HEY-SMITH(前列左から2人目が猪狩秀平)

 肺気胸のため入院中だったロックバンド・HEY-SMITHのボーカル・猪狩秀平が、精密検査を受けた結果、膿胸も発症していたことが11日、バンドの公式ツイッターで公表された。あわせて、これから「胸腔鏡下醸膿膜切除術という手術を受ける事になります」と報告した。

HEY-SMITHの主な作品ランキング

 この診断を受けてメンバーとスタッフが協議し、13日の『JOIN ALIVE』(※TRIPLE AXEとして出演)は猪狩不在で出演。20日の『焼來肉ロックフェス2019』は出演を取りやめた。「各公演につきまして、応援していただいている皆様並びに関係各位には、多大なるご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます」とつづった。

 今月3日付のバンドのツイッターによると、体調不良を訴えた猪狩は病院で診察を受けたものの、回復が見込めず、4日の京都公演を中止に。7日付では、尿管結石と診断され、自宅で安静にしていたが一向に体調が戻らず、再度別の病院で診察を受けたところ肺気胸であることが判明。手術が必要となり、即入院したことが報告されていた。
ORICON NEWS

エンタメ