乃木坂46、新キャプテンは秋元真夏 涙で一礼「ここまで温かく迎えていただけるとは…」

2019/08/14 21:31 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乃木坂46次期キャプテン秋元真夏(左)と現キャプテン桜井玲香

 アイドルグループ・乃木坂46が14日、京セラドーム大阪で全国ツアーの大阪公演を行い、1期生の秋元真夏が次期キャプテンを務めることがサプライズ発表された。

【写真】キュートな笑顔が魅力的!乃木坂46・秋元真夏の撮り下ろしショット

 2011年8月のグループ結成から8年、キャプテンとしてグループを牽引してきた桜井玲香が、9月1日に東京・明治神宮野球場で行われるツアー最終公演をもってグループを卒業するため、次期キャプテンが発表された。

 観客の割れんばかりの拍手に秋元は泣きながら一礼し、「次期キャプテンになることをここまで温かく迎えていただけるとは思っていませんでした。今まで玲香が引っ張ってきたグループを受け継ぎ、そして皆さんが笑顔で楽しんでいただけるようなグループを作っていきたいと思います!」と力強くコメントした。

 卒業を目前に控える桜井は「私がグループを卒業した後、キャプテンにふさわしいメンバーは誰なのかを正直悩みましたが、真夏はグループにとって心の支えとなるメンバーで、人間としてもたくさんの魅力があるので、私以上に立派なキャプテンになると思います!」と太鼓判を押し、エールを送った。

 なお、あす15日も同所で行われる予定だった公演は、台風10号接近に伴い、中止となった。
ORICON NEWS

エンタメ