前田有紀さん、第2子妊娠発表後初公の場 20~30代は「貴重な時期」

2020/03/26 12:31 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワコール『パルファージュ 2020春夏シーズン』発表会の模様

 元テレビ朝日アナウンサーで、現在はフラワーアーティストとして活動している前田有紀さん(39)が24日、ライブ配信されたワコール『パルファージュ 2020春夏シーズン』発表会に出席。7日に自身のインスタグラムで第2子妊娠を発表して以来、初の公の場となった。

【写真】前田有紀さんが監修した「フラワーランウェイ」の模様

 2013年3月末に同局を退社し、フラワーアーティストに転身した前田さん。イベントやウェディングの空間装飾を手掛け、現在では移動花屋『gui(グイ)』を運営するなど、順調な活躍ぶりをみせている。

 前田さんは、夏空の輝きをイメージした「パルファージュ」の新作からインスピレーションを受けて、オリジナルのフラワードレスを制作。「かすみ草など軽やかなイメージのお花をたくさん使用して、空のきらめきを表現しました。新作のブラジャーやランジェリーで使用しているレースが素敵で、それを活かしたデザインにしたかった」とのコメントを寄せた。

 アナウンサーから留学を経てフラワーアーティストに転身した前田さんだが「パルファージュのターゲットである20代~30代は、自分の好きなことを集めて、自分らしい生き方を見つけていく貴重な時期」としみじみ。わたなべ麻衣とともに「外から見えないものだけれど、身に着けるランジェリーが自分の好きなもの、お気に入りのものだと、自然と心が軽くなる、幸福感に包まれる」とのトークを繰り広げていた。
ORICON NEWS

エンタメ