アパレル苦戦も“ルームウェア”&下着が売上増、おうち時間増で女性の「盛りから癒し」加速

2020/08/02 09:30 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PEACH JOHNのコンテンツ『ゆるふわ美胸JOURNAL』に登場した渡辺美優紀 (C)oricon ME inc.

 新型コロナウイルスの影響でアパレル各社が苦戦する一方で、下着やルームウェアの通販サイトが好調だ。中でも販売数を伸ばしているのが、着け心地をアピールした商品。人気アイドルをモデルに起用した“キラキラ”下着で若い女性に支持されてきたPEACH JOHNでも、リラックス感を重視した「ゆるふわ」なアイテムが増えている。同社の6月度の国内売上は前年同月比132%。店舗売上も前年同月比107%、EC売上は前年同月比153%を記録した。おうち時間の定着で女性の消費マインドや下着事情にどのような変化をもたらしたのか、PEACH JOHNの広報担当者に聞いた。

【写真】ゆる~い下着で解放…みるきーが爆弾ボディを惜しげもなく披露

■小嶋陽菜が広告塔、セーラームーンで「盛る」時代から「ゆるめる」時代へ変化

 PEACH JOHNといえば「キラキラ下着」と言えるようなファッション性の高いランジェリーで若い女性に人気のブランド。2014年にはAKB48の小嶋陽菜をモデルに起用したセーラームーン下着など遊び心のあるコラボアイテムが話題を呼んだ。その後もローラや中村アン、と同性に人気のある芸能人を起用している。

 そのPEACH JOHNのラインナップに、このところ変化が起きている。目が覚める様なカラーやキラキラの装飾といった「盛り」や「攻め」をイメージさせるランジェリーよりも、ナチュラルな色合いや快適な着心地といった「リラックス感」を重視したアイテムが増えているのだ。

 広報担当者によると、特に売り上げを伸ばしているのが「いつでもジャストブラ」や、元欅坂46で女優の今泉佑唯がモデルを務める「Peasy」といったノンワイヤーブラ。公式通販サイトの企画『ゆるふわ美胸JOURNAL』では元NMB48のみるきーこと渡辺美優紀が登場し、普段から愛用しているアイテムとして、ノンワイヤーブラ「自由のブラ」の着用ショットを多数披露している。

「コンテンツ公開後はSNSを中心に話題となりました。実際にご着用いただいたアイテムが購買にもつながっており、渡辺美優紀さんの身体に憧れる女性が多いことを改めて実感しております」(PEACH JOHN広報担当者)

■「ラクダ色なのにかわいい」勝負下着の対極とされた色合いに支持

 『ゆるふわ美胸JOURNAL』は、"憧れのおっぱい美人さん"が「日常」や「仕事」「デート」などシーンに合わせたブラを着こなして披露するコンテンツ。家に居る時の日焼け対策やボディケアのこだわりも語っている。

「渡辺さんは昨年発売された写真集『美優紀です。』で弊社の下着を着用されており、その画像がSNSで大変話題になりました。華奢でありながらもふんわり柔らかそうな美胸の質感が、多くの女性から憧れられていることもオファーをさせていただいた理由です」(PEACH JOHN広報担当者)

 渡辺が着用しているのは、キラキラしたアイドルらしからぬ(?)落ち着いた色合いのシンプルな下着が中心。「ブラひとつで毎日のストレスがぜんぜん違いますよね」といった発言が女性たちの共感を呼んでいるようだ。

 一方、男性からも「厚いパッドを入れてなくて自然」「ラクダ色なのに可愛らしい(笑)」といった好意的な反響がSNSで上がっている。

■ルームウェアの売上が好調、「癒されたい願望」に拍車

 かつて女性にとっての下着といえば自分の気分を高めるためのアイテム、あるいは異性の目を意識した「勝負下着」といった意味合いで語られることが多かった。装飾の華やかさはもちろん、「寄せて上げる」といったプロポーションをよりキレイに作り込む機能も重視された。

 しかし昨今は「見た目を盛る」よりも、「肩肘を張らない自然な生き方」を重視する女性も増えている。ユニクロのワイヤレスブラやエアリズムブラといった快適性に特化したブラが人気を博しているのも、その象徴的な事象と言えるだろう。さらにコロナ禍に伴う"巣ごもり"は女性たちの「癒されたい願望」に拍車をかけ、ひいてはランジェリーブランドのデザインや商品展開にも影響を与えている。

 アパレルの不調も「盛って」出かける機会が減ったことが大きな要因とされている。一方でルームウェアは各社ともに好調で、PEACH JOHNも4月1日~15日のルームウェア売り上げは前年同期比2倍と発表している。

 アフターコロナもリモートワークが普及するとの見方もある。何より一度味わってしまった快適さからは、なかなか戻ることはできないもの。おうち時間とともに定着した着け心地重視の下着トレンドはまだまだ続きそうだ。
ORICON NEWS

エンタメ