“プロデューサー”さんま、大竹しのぶへの絶大な信頼 声優・Cocomiに太鼓判「想像以上」

2021/06/11 06:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』公開記念インタビュー (左から)渡辺歩監督、大竹しのぶ、明石家さんま(c)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

 お笑い芸人・明石家さんまが企画・プロデュースを手がけた劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が、11日に公開される。このほど、さんま、主人公・肉子ちゃんの声を担当する、女優の大竹しのぶ、渡辺歩監督が合同取材に応じ、作品の魅力を語った。

【動画】さんまが新喜劇サプライズ登場!アドリブ連発で観客大爆笑

 本作は、さんまが、直木賞作家・西加奈子氏の小説に惚れ込み企画・プロデュースした劇場用アニメ。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がむすぶ感動のハートフルコメディを描く。声優キャストには、肉子ちゃん役の大竹、キクコ役のCocomi、二宮役の花江夏樹らが参加している。

■さんまプロデューサーも納得の出来栄え 庵野秀明氏のドキュメンタリーに刺激?

――公開を控えた感想

【明石家さんま】ちょっと悔いがあったり、ここをこうしようとか思いはじめると、きりがないなと(笑)。でも、プロデューサーとしては想像以上のものに仕上がったと思っています。

【大竹しのぶ】映画館の状況がどうなるのかなと心配ではあります。たくさんの人と監督を中心に作った映画なので、たくさんの人に見ていただきたいですね。(さんまの方を向いて)ヒットした方が良いんだよね(笑)?

【さんま】吉本としては(笑)。ちょっとでも小銭が入ったがええやろうから。オレが知らん間にグッズとか作っとる(笑)。でも僕は完成したことで満足しているから。

【渡辺歩監督】終わってしまうということへの感慨が大きいですね。完成したからには世の中に伝えたい、より多くの方に観ていただいて、感じ取っていただきたいです。それが、魂を込めていただいた役者さんやアニメーターさんをねぎらうことになると思いますので。

――アニメーション作品のプロデュースについて

【さんま】アニメは大変(苦笑)。時間がかかるっていうのは当たり前ですけど。構想5年ですから。監督がチャチャッとやってくれて、半年くらいで仕上げてくれるのかなと思っていたら、半年経って、監督の説明を聞いたら、まだ10分しか撮れてないと(笑)。悲しいかな、私はバラエティーとかドラマのスケジュール感覚できているので、それとは大きく違っているので、こういう世界なのかと。庵野秀明監督のドキュメンタリーも見たんですけど、ああいう風に立ち振る舞えばいいのかと勉強になりましたね(笑)。「0号は見ません、次の仕事が始まっているんです」と言っていて。僕は0号を3回くらい見ました(笑)。でも、いい経験をさせてもらって、監督とも出会えました。

【大竹】(さんまが)深く関わって、2年間かけて作った映画で、所々に小さなギャグとかおかしみとかが散りばめられていて。それはやっぱりすごいなと思いますね。彼ならではのものがあって、それを監督がうまく絵にしてくれたなと。

――大竹の肉子ちゃん役について

【さんま】大竹さんはアニメとかもやってらっしゃって、力はありますし、大昔に短編のアニメを一緒に作ったこともあったので、せりふとかの部分では安心していました。「大阪弁が心配なの」って言っていたんですけど「心配なの」っていう時は大丈夫なんですよ(笑)。全部できるっていうのはわかっていましたから(笑)、そこが好きで共演とかしているんですけど、そこが嫌いで別れましたから(笑)。

【大竹】よくほんとうに、次から次に言葉が出てくるよね(笑)。

【さんま】でも、本当に大竹さんにしたことは正解やった。スタッフ全員が声をそろえて大竹さんだって言ったのもわかりますし、やり終えて感謝しています。これは大竹さんしかできなかったなと。やってみて、これ声優全部変えてやってみたら、どうなるかやってみたいっていうのはありますね。大昔に、大竹さんが舞台『奇跡の人』をやった時に、オレたちが『奇跡の犬』っていうコントをやりたいから、セットをそのまま貸してくれって言ったことがあるんですよ(笑)。1日セットそのまま貸してくれって、やっぱりそういうことをしたくなる。だから、声優さんを変えて同じ作品をやってみるということもしたいですね。

■さんまならではの演出術 木村拓哉と語った“上映プラン”

――さんまの現場での演出について

【大竹】突然、すきまにほんのちょっとせりふの前に空いているところにギャグを入れてほしいとか、オフショットで何か言ってほしいとか、アドリブがすごく大変。監督が大変だったと思うんですけど、私はすごく楽しかったです。

――アニメならではのやりがい?

【さんま】これからもっと経験を積んで、アニメの絵まで変えられるようになったら、どれだけ楽しいか。ここでペッチャンコしたりとか、アニメならではのできることがあって。もっとできるので、憧れの作品で『ワイリー・コヨーテとロード・ランナー 』っていうのがあるんですけど、100メートル上から落ちても死ななかったり。それはアニメならではだから、利用していきたいなと。今回はオーソドックス的に作っていただいた作品ですが、もっと試してみたいですね。

【渡辺監督】さんまさんは貪欲に面白いものを追求しようと、常に動いていらっしゃるんですよね。その瞬間を捉えられるものがあったら面白いだろうなって。『ひょうきん族』とかの動きとかを見ていても、さんまさんの動きはアニメなので、さんまさんを題材にアニメを作ってみたいです。

【さんま】確かに、長年お笑いの世界にいると、こういう動きになってしまうんだって。職業病だと思いますね。動きをつけて「えー!」なんかいらんもんね(笑)。

――さんまさんは今から30年程前、しのぶさんと結婚されているときに、『サンタクロースつかまえた!』、『リリが見たやさしい虹』という、2本のビデオアニメ作品の原作とプロデュースを担当されたことがありました。そこから30年が経って、アニメの進化などを感じたことはありますか?

【さんま】それはもう監督の手腕とか、スタッフのすごさを感じますね。簡単にちょっと言ったことを、理解して、自分が思っている以上に仕上げていただきました。自分がやりたいことを監督が理解して、それを表現する感性を持っているということは非常に助かりました。

――声優・Cocomiの魅力

【さんま】ココちゃん(Cocomi)が15歳の時に声優の学校に通っていて、その時に『漁港の肉子ちゃん』という作品と出会って、ひょっとしたらアニメっていうのもよぎっていて、冗談で「アニメになったら主役ね」って話していたんです。そしたら、5年後にココちゃんが活動できるってなった時に、この映画の話になったんですね。大竹さんは決まっていて、あとは誰になっても、大竹さんが引っ張っていってくれるからということで、ココちゃんと約束していたんやけどって監督にも相談して。オレと監督で「いける!」と踏んだんです。本当に想像以上というか。あとから気がついたんですけど、芝居・大阪弁・アフレコも全部初めてで。共演者たちもみんなうまい中で、ココちゃんいけるかってなったんやけど、やればやるほどすごかったんで、ちょっと驚いています。お父さん・お母さん・おばあちゃんまで驚いてくれたらしいです。

【渡辺監督】本当にお世辞じゃなくて、少女の持つちょっとしたブレだったり、儚さを感じたので、芝居よりはこの声を大事にしたほうがいいと。

【さんま】ココちゃんの妹さんが「この役、お姉ちゃんのままだね」って言ったらしいんですよ。そこでやっぱり正解やったかっていう感じはありますから。中には、木村拓哉との関係の中でキャスティングしたんじゃないかっていう意見もあるようなんですけど、作品を見ていただいたら、そうじゃないとわかっていただけるので、それもホッとしています。

――作品を楽しみにされている方へのメッセージ

【さんま】木村も言っていたのは、全国の小学生に見せたいっすよねって。ホンマにそうやなと。吉本に話をして、吉本の会社が偶然旧校舎を使っているので、招待して見てもらったらどうやって聞いたら「招待はしますけど金は取りたい」と(笑)。ちょっとそこの考えとぶつかっているので、交渉次第ですね(笑)。生理っていう言葉を使っている作品で、それはぶつかるもので迎えるものでもあるから、もっとさわやかに受け入れてもらえたらって。

【大竹】家族、親子で見てもらいたいなっていうのと、あとは本当の実の親子の間でも会話がなかったり、愛情を持てないっていう親子関係がある中で、血のつながりもないけど、出会った人を必死で愛するっていうのが、人とのつながりがすごく希薄になっている今のこの時期にこそ見てほしいです。

【さんま】いいこと言うでしょう(笑)?
ORICON NEWS

エンタメ