『君に届け』作者・椎名軽穂氏、18年ぶり新作発表 新連載『突風とビート』3月開始

2024/02/13 09:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椎名軽穂氏の新連載『突風とビート』のカラーイラスト (C)椎名軽穂/集英社

 漫画『君に届け』などで知られる漫画家・椎名軽穂氏の新連載『突風とビート』が、3月13日発売の『別冊マーガレット』(集英社)4月号にてスタートすることが発表された。椎名氏が完全新作漫画を発表するのは、2006年連載スタートの『君に届け』以来18年ぶりで、北海道を舞台に“失くしもの”多き少女の別れと再会を描くラブコメディーとなる。

【画像】キラキラ感がすごい!新連載がスタートする『別冊マーガレット』

 椎名氏は、2006年から2017年まで『別冊マーガレット』で『君に届け』を連載。その後、2018年から2022年に連作として発表したは『君に届け 番外編~運命の人~』も好評を博し、同作のシリーズ累計発行部数は3600万部を突破するなど、長きにわたって愛される作品を世に送り出してきた。

 そんな椎名氏が今回、新作漫画を発表するのは18年ぶりで、新連載『突風とビート』は、海沿いの小さな街が舞台。非日常を日常として生きる謎の多い女子高校生・ニケは、クラスにほとんど顔を出さない男子・根本(ネモ)との再会をきっかけに、忘れてしまった自分を探す謎に満ちた旅をはじめることになる。

 王道少女漫画の代名詞的作品『君に届け』の椎名氏が制作環境をデジタルに一新し届ける、18年ぶりの新作連載。出身地・北海道での現地取材を重ね、少女漫画の新境地に挑戦する意欲作となり、新連載を掲載する4月号は、表紙・巻頭カラーを同作品が飾り、62ページのボリュームで掲載される。

 椎名氏は、北海道出身。『別冊マーガレット』にて『君からの卒業』でデビュー。同誌での『青いふたり』『CRAZY FOR YOU』等の連載を経て、2005年に読切『君に届け』を発表。好評を博し、翌2006年に連載開始。2008年に同作で第32回講談社漫画賞少女部門を受賞。2017年まで連載を続ける。(コミックス全30巻)。2018年から2022年には『君に届け 番外編~運命の人~』を発表した(コミックス全3巻)。
ORICON NEWS

エンタメ