草なぎ剛主演、映画『碁盤斬り』脚本家による書き下ろし小説発売

2024/02/13 12:45 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説『碁盤斬り 柳田格之進異聞』書影(C)2024「碁盤斬り」製作委員会

 俳優の草なぎ剛主演の映画『碁盤斬り(読み:ごばんぎり)』(5月17日公開)の脚本を担当している加藤正人が書き下ろした、小説『碁盤斬り 柳田格之進異聞』が文春文庫より3月6日に敢行されることになり、その書影が公開された。映画のティザービジュアルとして描かれたイラストレーターのゴトウヒロシによる、精悍な眼差しで今にも斬りかかりそうな主人公・柳田格之進(草なぎ)の姿が印象的だ。

【動画】草なぎ剛主演、映画『碁盤斬り』予告編

 同映画は、『孤狼の血』など作品を手がける白石和彌監督が初挑戦した時代劇。あるえん罪事件によって娘と引き裂かれた男が、父として武士としての誇りを賭けた復讐劇で、元ネタは古典落語の演目「柳田格之進」。別名に「柳田の堪忍袋」もしくは「碁盤割」があり、「柳田角之進」とも書く。誇り高い武士の生きざまを描いた人情噺。『日本沈没』『クライマーズ・ハイ』『凪待ち』などを手がけてきた脚本家の加藤正人が、3年半の月日をかけて映画の脚本を書き上げた。

 格之進(草なぎ)がいわれのない嫌疑をかけられ、藩を離れることになり、亡き妻の忘れ形見の娘・絹とともに貧乏長屋で今日の米にも困る暮らしをしている中、あるきっかけで葬り去られた えん罪事件の真実が明かされる。命を賭けた仇討ちを誓うが、それは、父娘が引き裂かれることを意味していた…、というストーリー。

 落ちぶれても武士の誇りを捨てておらず、とりわけ嗜む囲碁にもその実直な人柄が表れ、正々堂々と嘘偽りない勝負を心掛けている格之進。清廉潔白がゆえに融通が利かない堅物な男が、囲碁を武器に死闘を繰り広げる。

 この映画の世界を、加藤自身が新たに書き下ろした小説『碁盤斬り 柳田格之進異聞』は、小説ならではの登場人物の細かな心情の描写はもちろん、劇中でも登場した若き日の格之進の姿をさらに掘り下げたエピソードや、映画のラストのその後も描かれている。

 加藤は「落語の『柳田格之進』は、囲碁を巡る人情噺である。落語のみならず、歌舞伎、文楽、講談など、古くから人々に愛されてきた物語には、日本人が愛するキャラクターが登場する。格之進もまた、魅力のある人物だ。貧しい浪人暮らしをしているが、品性があり、武士としての矜持をしっかり守り抜いている。物語に登場する他の人物も、大切な人のために自分は犠牲になっても構わないという高潔な精神を持っている。こういう人物や倫理観を描けるのが、時代劇の素晴らしさだ。日本人の心の底には、何よりも人間の品格や礼節を重んじるという道徳観が流れているはずだ。今の若い人たちにも、格之進のような人物像を受け止めてもらいたい……。そういう願いを込めてこの小説を書いた」とコメントを寄せている。
ORICON NEWS

エンタメ