「稲川素子事務所」社長の稲川素子さん、死去 90歳 外国人タレント芸能事務所の先駆けに

2024/06/11 17:13 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲川素子さん

 47ヶ国、5000人以上の外国人タレントが登録される芸能事務所「稲川素子事務所」の社長・稲川素子さんが、心不全のため、亡くなった。90歳だった。11日、ORICON NEWSの取材に対し、事務所関係者が明らかにした。

【写真】かつて「稲川素子事務所」に所属していたセイン・カミュ

 事務所関係者によると、素子さんは5月13日に自宅で亡くなり、既に家族で密葬を執り行った。今後、関係者らと「偲ぶ会」を計画しているという。

 同事務所HPなどによると、稲川素子事務所は、1985年4月17日に「有限会社稲川素子事務所」として設立し、89年に株式会社に資格変更した。

 芸能界とは無縁の専業主婦だったが、50歳のときに設立した。得意の語学力を生かして外国人紹介の仕事を開拓し、「外国人タレントといえば稲川素子事務所」と呼ばれるまでに知名度を確立した。
ORICON NEWS

エンタメ