英チャールズ皇太子が感染 軽症、自宅で執務 カミラ夫人は陰性 新型コロナ

2020/03/25 20:12 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国のチャールズ皇太子(71)が新型コロナウイルスの検査を受け、陽性と判明した。英メディアが25日、一斉に報じた。皇太子の症状は軽く、通常の執務をしているという。

 皇太子宅の報道担当者の発表によると、皇太子とカミラ夫人はスコットランドの邸宅で自主隔離に入っている。夫人は検査で陰性だったという。

 また、英BBC放送によると、皇太子は12日にエリザベス女王(93)と短時間会ったが、女王に症状は出ていないという。【ロンドン服部正法】

毎日新聞

国際

国際一覧>

写真ニュース