プーチン氏、フィンランドのNATO加盟方針「間違っている」と批判

2022/05/14 23:15 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシア大統領府によると、プーチン大統領は14日、電話協議でNATOに加盟する意向を伝えたフィンランドのニーニスト大統領に対し、「伝統的な中立政策の放棄は間違っている」と批判した。そのうえで「フィンランドには何の安全保障上の脅威も存在しないからだ」と強調し、「このような外交路線の変更は2国間関係に否定的に作用しうる」とくぎを刺した。

 ウクライナとの停戦協議については「真剣で建設的な対話への関心を示さないキエフの政権によって事実上止まっている」とウクライナ側を批判した。【モスクワ前谷宏】

毎日新聞

国際

国際一覧>

写真ニュース