在外公館で新たに職員3人の感染確認 米国と北マケドニア

2020/03/25 21:09 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外務省は25日、米国と東欧の北マケドニア(旧マケドニア)にある日本大使館の日本人職員計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも自主隔離しており、濃厚接触者がいないか確認を進めている。

 在米大使館では現地採用の日本人職員2人が16日に発熱などの症状が出たため自主隔離し、24日に感染が確認された。

 北マケドニアの大使館員は、東京オリンピックの聖火採火式・引き継ぎ式に対応するため、8日から17日までギリシャ・アテネで勤務していた。18日に発熱などの症状が出て24日に感染が確認された。

 外務省の職員では、在チェコ日本大使館の現地採用のチェコ人職員1人の感染が20日に確認されている。【成沢健一】

毎日新聞

政治

政治一覧>

写真ニュース