新型コロナ「まん延の恐れ高い」 厚労省が報告書 政府、26日にも対策本部設置

2020/03/26 10:45 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は26日、新型コロナウイルス感染症について国内で「まん延している恐れが高い」とする報告書をまとめた。政府の専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)が緊急の持ち回り会議で了承した。加藤勝信厚労相から報告を受け、安倍晋三首相は26日にも、13日に成立した「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく政府対策本部を設置する見通しだ。

 報告書は、感染者数が増えているうえに感染経路が追跡できない事例が増加していること▽世界的に感染が拡大し、海外から感染者の流入が相次いでいることを踏まえ、「新型コロナウイルスがまん延している恐れが高い」と結論づけた。

 東京都で25日、1日当たりでは最も多い41人の感染が新たに確認されたことを受け、政府は緊急で対応を協議。対策本部の設置を当初予定していた27日から前倒しする方向で調整している。政府は今後、感染状況の推移を見極めながら、緊急事態宣言を発令するかどうか判断する。【原田啓之】

毎日新聞

政治

政治一覧>

写真ニュース