官房長官、首相発言は「具体的データない」 11月までに全国民接種

2021/06/10 16:39 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 加藤勝信官房長官は10日の記者会見で、菅義偉首相が10~11月に希望する全国民への新型コロナウイルスワクチン接種完了を目指すと表明した根拠について、「具体的なデータがあるわけではないが、このペースで進めていけば10、11月ぐらいにはということで申し上げた」と述べるにとどめた。

 首相は9日、立憲民主党の枝野幸男代表との党首討論で初めてこの目標を示した。加藤氏は目標達成の根拠を問われ、「具体的にどのくらいという具体的なデータがあるわけではない」と述べた。

 その上で、加藤氏は「昨日の首相のご発言は、1日100万回あるいはそれ以上を目指して接種加速化を進める中で、10月から11月までには希望するすべての国民にワクチン接種を終えるよう取り組んでいきたいと申し上げた」と説明した。【加藤明子】

毎日新聞

政治

政治一覧>