西宮3人死亡火災 遺体は住人の親子

2019/02/12 11:35 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 兵庫県西宮市で10日深夜、マンション一室が燃える火災があり、焼け跡から住人の親子3人の遺体が見つかった。県警甲子園署が出火原因を調べている。

 同署によると、10日午後11時10分ごろ、西宮市甲子園口4にあるマンションの3階部分から出火し、約30平方メートルを焼いた。遺体は辻孝治さん(91)と妻時子さん(84)、長男覚さん(56)で、3人暮らしだった。マンションは3階建てで1、2階の焼損はほとんどなかった。

 現場はJR東海道線の線路沿いで、甲子園口駅の西約500メートルの住宅街。【井上元宏、石川勝義】

毎日新聞

社会

社会一覧>