台風10号、あす四国地方上陸のおそれ 気象庁が警戒を呼び掛け

2019/08/14 09:02 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大型の台風10号は14日午前6時現在、鹿児島・種子島の南東約340キロをゆっくり西北西に進んでいる。15日に四国地方に上陸し、西日本を縦断する見込みで、気象庁が警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径600キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっており、九州地方や四国地方が域内に入っている。

 15日午前6時までの24時間雨量は多いところで、東海、四国、九州南部500ミリ▽近畿、九州北部400ミリ。15日にかけての予想最大瞬間風速は、四国45メートル▽九州南部40メートル▽近畿、中国、九州北部、奄美、北陸、東海35メートル。【宗岡敬介】

毎日新聞

社会

社会一覧>