台風10号、15日に四国・九州に接近 西日本縦断の見込み

2019/08/14 11:03 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大型の台風10号は14日正午現在、鹿児島・種子島の南東約260キロを時速約15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。15日に四国から九州に接近し、上陸後に西日本を縦断する見込み。西日本と東日本の太平洋側では、総雨量が1200ミリを超える地域もあるとみられ、気象庁が警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、15日正午までの24時間雨量は多いところで、四国900ミリ▽東海600ミリ▽近畿、九州500ミリ。15日にかけての予想最大瞬間風速は、四国45メートル▽九州40メートル▽近畿、中国、奄美、北陸、東海で35メートル。

 台風接近により、お盆休みのUターンラッシュなどへの影響が大きくなる恐れもある。西日本鉄道の高速バスは14日、福岡と宮崎を結ぶ路線などで一部が運休。全日空や日本航空が宮崎空港発着便を全便欠航するなど交通が乱れた。また、宮崎県護国神社(宮崎市)で15日に予定されていた戦没者追悼式典が中止となった。

 気象庁によると、19日にかけて大潮の時期と重なるため潮位が高くなるとして、浸水などへの注意を促している。【宗岡敬介】

毎日新聞

社会

社会一覧>