山陽新幹線、15日の運転見合わせ 台風10号で計画運休

2019/08/14 11:07 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大型の台風10号の接近を受け、JR西日本は14日、山陽新幹線の新大阪―小倉間の15日の運転を終日見合わせる「計画運休」を実施すると発表した。同日は上り列車を中心に、お盆休みのUターンラッシュのピークが見込まれ、影響が広がりそうだ。

 山陽新幹線の小倉―博多間は1時間に1本程度を運転する。JR東海も15日は、東海道新幹線と山陽新幹線との直通運転を取りやめ、東京―新大阪間で運転本数を減らして折り返し運転する。

 新幹線では昨年9月4日と同30日、いずれも山陽新幹線・新大阪―広島間で計画運休が実施された。【高橋昌紀】

毎日新聞

社会

社会一覧>