京アニ 殺人未遂容疑でも逮捕状 今も4人重体・重症、25人重傷

2019/08/14 20:14 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都アニメーション第1スタジオでの放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)に対する逮捕状は、死亡した35人への殺人容疑と現住建造物等放火、建造物侵入に、35人への殺人未遂容疑も加わった。京都府警が14日、逮捕状を8日付で再取得したことを明らかにした。殺人未遂容疑の被害者のうち3人が重体、1人は命を取り留めたが症状が重く、他に25人が重傷という。

 重体と重症の計4人は全員が女性で、重傷の4人(女性3人、男性1人)と合わせて8人が入院中。5人は軽傷で1人はけががなかった。被害者70人は全員が同社社員で20~61歳。20代が31人▽30代が22人▽40代が14人▽50代が2人▽60代が1人で、男性30人、女性40人だった。

 死者の年齢は、20代が16人▽30代が11人▽40代が7人▽60代が1人で、性別は男性14人、女性21人。負傷者は20代が15人▽30代が11人▽40代が6人▽50代が2人の見込みで、男性15人、女性19人という。

 逮捕状の容疑は7月18日午前10時半ごろ、京都市伏見区の同社第1スタジオ1階に玄関から侵入してガソリンをまき、簡易ライターで着火。同社社員35人を殺害し、35人を殺害しようとした、などとされる。

 府警は被害者70人が何階で勤務していたとみられるかと、死者が何階で見つかったかも明らかにした。1階では11人中4人▽2階では32人中11人▽3階では27人中20人が死亡。死因は焼死22人▽一酸化炭素中毒5人▽窒息5人▽全身やけど2人▽不詳1人だった。

 また、負傷者が勤務していたのは1階が6人▽2階が21人▽3階が7人とみられ、やけどが最も多く、骨折した人もいた。一方、事件発生時は出勤途中で救助の際にすすを吸って気分が悪くなった人が1人いた。

 青葉容疑者は重いやけどで、皮膚移植などの治療を受けているが、依然として重篤な状態が続いているという。【小田中大、福富智】

毎日新聞

社会

社会一覧>