千葉・野島崎沖で貨物船傾く 乗組員5人全員救助、3人負傷

2022/05/14 11:47 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日午前3時35分ごろ、千葉県野島崎沖約13・5キロの海上で、貨物船の船長から「コンテナが荷崩れし、船体が傾いている」と、第3管区海上保安本部に通報があった。横須賀海上保安部によると、乗組員は日本人5人で、船体は約45度傾斜していた。海保は巡視船など6隻を現場に派遣し、全員を救助。3人が負傷したが、命に別条はないという。

 海保によると、貨物船は香川県の「めいせん2」(499トン、長さ72・49メートル)で、茨城県の常陸那珂港から大分県に向かっていた。船は通報から約9時間後の同日午後0時15分ごろ、千葉県南房総市の根本港から南約300メートルの地点で座礁した。油の流出は確認されていない。【池田直、宮島麻実】

毎日新聞

社会

社会一覧>