ボクシング・京口が練習を公開 19日に初防衛戦

2019/06/12 16:55 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が12日、千葉市の幕張メッセで19日に行われる初防衛戦に向け、東京都内の所属ジムで練習を公開した。同級10位のタナワット・ナコーン(タイ)の挑戦を受ける京口は記者会見し、「格下の相手を圧倒して勝ちたい」と意気込みを語った。

 公開練習ではサウスポーの挑戦者を想定し、左構えの日本選手と2ラウンドのスパーリングを行い、右の力強いパンチを再三クリーンヒットさせた。昨年末にミニマム級に続く2階級制覇を果たした京口は「ライトフライ級の体になってきて、パワーもついている」と勝利に自信を見せた。【飯山太郎】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>