スコットランドがロシアに圧勝 日本の決勝T進出は直接対決で

2019/10/09 18:43 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は9日、静岡スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、日本(世界ランキング8位)と同じA組のスコットランド(同9位)がロシア(同20位)に61―0で圧勝し、2勝1敗で勝ち点を10に伸ばした。決勝トーナメント進出を懸け、13日の1次リーグ最終戦(横浜・日産スタジアム)で日本と対戦する。ロシアは4戦全敗で大会を終えた。同組のアイルランド(同4位、勝ち点11)が12日のサモア(同15位)戦で勝利を逃すと、勝ち点14の日本の決勝トーナメント進出が決まる。

 D組のウェールズ(同2位)はフィジー(同11位)に27―17で逆転勝ち。ボーナス点を含め勝ち点を14に伸ばし、オーストラリアとともに決勝トーナメント進出を決めた。フィジーは1勝3敗で1次リーグ敗退。

 C組では、前回4位のアルゼンチン(同10位)が米国(同13位)に47―17で快勝。1次リーグ敗退が決まっていたアルゼンチンは2勝2敗でC組3位が確定し、2023年の次回大会出場権を獲得した。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>