井岡一翔の初防衛戦は12月31日、シントロンと

2019/10/10 20:02 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)の初防衛戦が12月31日に東京・大田区総合体育館で行われることが10日、発表された。同級1位のジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)の挑戦を受ける。

 今年6月の同級王座決定戦を制し、日本男子初の4階級制覇を達成した井岡は東京都内で記者会見し、「4階級制覇した年を、勝って締めくくりたい」と意気込みを示した。

 戦績は30歳の井岡が26戦24勝(14KO)2敗、24歳のシントロンが12戦11勝(5KO)無敗1無効試合。【村社拓信】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>