日本相撲協会が新体制発表 審判部長に伊勢ケ浜親方

2020/03/25 17:34 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本相撲協会は25日、エディオンアリーナ大阪で理事会と年寄総会を開き、4期目となる八角理事長(元横綱・北勝海)の下での新体制を決めた。

 先代阿武松親方(元関脇・益荒雄)が2019年9月に退職し、各場所で代理を置いていた審判部長には、理事に復帰した伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)が就き、新任理事では花籠親方(元関脇・太寿山)が教習所長になった。八角理事長は「新型コロナウイルス対策もあり、去年から変えるとうまく回らないところがある。連携しながらやっていきたい」と説明した。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>