ソフトバンク長谷川が新型コロナ陽性 2日の西武戦中止 プロ野球開幕後初の確認

2020/08/01 22:54 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロ野球のソフトバンクは1日、長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。6月19日のプロ野球開幕後、選手の感染が確認されたのは初めて。プロ野球選手では6人目。8月2日の西武戦(福岡・ペイペイドーム)は中止が決まった。新型コロナウイルス感染による公式戦の中止も初。

 球団によると、長谷川は7月31日の就寝時に喉に若干の違和感があり、37・3度の微熱だった。1日午前7時の時点で喉の違和感は消えたが37・2度の熱があり、同日、病院を受診してPCR検査を受け、陽性と判定された。1日夜の時点では発熱などの症状はなく、自宅待機を続けているという。

 長谷川は7月7日に1軍選手登録を外れ、2軍で調整中だった。1軍の選手や監督、コーチとの直接の接触はなかったが、専門家から、福岡県筑後市のファーム施設を利用している1軍選手やスタッフを経由しての感染の可能性が否定できないとの見解があり、西武戦の中止を決めた。

 球団は2日に選手とスタッフのPCR検査を実施する。ファーム施設も閉鎖して消毒を行う。

 1日、オンラインで記者会見したソフトバンクの後藤芳光球団社長は「起こりうる事態だと考えていたが、実際に起きてこの問題の難しさを感じている。陽性者が一人でも少なくなり安心できるよう、(感染予防の)態勢作りを今後も今まで以上に取り組む」と話した。【黒澤敬太郎】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>

写真ニュース