バージン諸島選手、ホストタウン訪問中止 小千谷市、五輪後予定

2021/05/02 09:53 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京オリンピック・パラリンピックで米領バージン諸島のホストタウンに登録されている新潟県小千谷市は、五輪後に予定していた選手らの来訪が中止になったと発表した。新型コロナウイルスの影響で、バージン諸島側から「健康と安全を第一に考える」と辞退の申し入れがあったという。

 市はホストタウンPRのため、2月に小千谷高校の生徒の協力で諸島を紹介するチラシやリーフレットを作り、市民に配布。五輪終了後に選手や関係者ら6人程度に訪れてもらえるよう準備を進めていた。

 市によると、バージン諸島は新型コロナの感染拡大で外出禁止令が発令されたという。大塚昇一市長は4月28日の定例記者会見で「残念だがやむを得ない」と話し、今後、市民からのメッセージなどの応援方法を検討する考えを示した。【新井敦】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>