親方・行司、PCR全員陰性 夏場所向け全力士にも実施予定

2021/05/03 20:03 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は3日、報道陣の電話取材に応じ、大相撲夏場所(9日初日、東京・両国国技館)を前に力士以外の親方、行司ら協会員に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で全員が陰性だったと発表した。全力士にも場所前に検査を実施する予定。

 大相撲では1月の初場所と3月の春場所でも初日を前に全協会員を対象にPCR検査を実施しており、陽性者が出た部屋の力士は全員が休場した。【村社拓信】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>