西武・辻監督 負け投手の宮川に「アイツらしくない」 奮起促す

2021/05/03 22:28 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◇◯オリックス6―3西武●(3日・メットライフ)

 西武は2連敗。来日初先発のダーモディが5回無失点と好投したが、2番手・宮川が決勝3ランを浴びた。西武・辻監督の試合後のコメントは以下の通り。

 ◇宮川は「普段はもう少しきっぷがいいのだけど」

 (来日初先発のダーモディは)

 彼なりに緊張もあったと思うよ。2軍の試合で見ているよりはスピードも出ていないし、腕の振りも良くなかった気がするけれども。でもどうにか五回まで踏ん張ってくれたからね。それはもう最初にしてはよく投げてくれたと思います。

 (2番手・宮川が手痛い失点)

 なんかねー、自信がないのかな~、もう一つ。アイツらしくないよね~。普段はもう少しきっぷのいいやつなんだけど。勢いっていうのをもうちょっと感じないのでね。一度、あの回を抑えてくれればと思ったんだけど。まあこれも試練だから。あいつに対してもこういうところで、抑えてこそ次のステージがあるわけだから。それを乗り越えていかなきゃね。

 (七回2死満塁で山田に代打は考えたか)

 山田自身もバッティング自体は調子いいからね。ああいう場面で経験しなきゃ、選手が育たないって! 代えてばっかりいたら。今レギュラーでやってんだから! ただ何とかしてくれそうな気がしたから、そのままいかしただけで。結果論だからね、全ては。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>