碧山が全勝対決制し単独トップ 「一番だけに集中」 大相撲夏場所

2022/05/13 19:42 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)6日目の13日、平幕の碧山が一山本との無敗対決をはたき込みで制し、6戦全勝で単独トップに立った。取組後の主なコメントは次の通り。

 (立ち合いから)しっかり踏み込んで、前に攻めた先で相手がバランスを崩して、最後はうまいこと決めることができた。相手がもろ手で来るのは分かっていたので、止めるだけでなく、先に攻める立ち合いができて良かった。

 (今場所は)余裕はないけど、ちょっとずつ落ち着いてきているのでいい感じ。結果が出ているのが良いですね。(全勝対決は)意識したというより、その一番だけに集中した。(幕内唯一の6連勝)まだまだです。半分も終わっていない。一日一日、相撲だけに集中したい。

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>